スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- : [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

go のアイテム

2010/01/31(日) 23:41:30 : [ゲーム]
PSP go 関連のものを二つ買いました。

PSPgoITEM
PSP go 用USBケーブル と メモリースティックマイクロ16GB


USBケーブル、これは常に携帯するような人は必須のアイテムかもしれません。
もちろん、本体にも付属してるんですが、
なぜか本体付属のUSBケーブルは、付属のACアダプタを介するとき以外は
XMBで"USBモード"にしないと充電できないのです。
だから、完全放電したらACアダプタを持っていないと充電できないことになります。
最近流行の携帯型USB充電器では充電できないわけです。
今回買ったケーブルは、PSP go の電源が入っていようがいなかろうが充電できます。
(普通のことのようですが、goでは普通ではないのです)
先日、実家に一泊したときにgoと純正USBケーブルを持って行ったのですが、完全放電してしまって困ったので購入しました。
でも、なぜかこのケーブル、その辺の店に売ってないんです。
goがマイナーだからでしょうかねぇ。ポーチやケースはたくさん売ってるのに。

メモリースティックマイクロ・・・は、これもgoの仕様がらみです。
PSP go には16GBの内蔵メモリーがあるわけですが、
実は、完全にメモリースティックの代わりになるかというと、そうでもないようなんです。
最近気づいたのですが、Walkmanの楽曲管理ツール「X-アプリ」は、PSP go本体を認識するものの、転送ができません。
また、SONY製BD/HDDレコーダーには、PSPに番組を転送する仕組みがありますが、
古い機種だとgo本体のメモリーには転送できないらしいのです。
・・・それで何が困るかというと、別に何もないんですが(^^; レコーダーも持ってないし。
ただ、今、本体の空き容量が5GBくらいしかないので、将来のことも考えてこの際買っておこうかと考えた次第。
16GBはサンディスクからしか出てないんですけど、SONY製メモリースティックDuo8GB並のお値段で割安でした。
まぁ、SONYは今後SDとMSを併用していくみたいなので、
もはやSONYから16GBのメモリースティックマイクロが出ることも、32GBのものが出ることも、無いんでしょうね(こっちが買い増した本当の理由)。

エンドオブエタニティ

2010/01/29(金) 21:25:47 : [ゲーム]
8時間ほどプレイし、Chapter4まで進みました。

最初は「微妙かも??」と思ったんですが、だんだんハマってきました。
何が微妙かというと、システムを覚えるのが大変なんです。
バトルで言えばレゾナンス・ポイントの仕組みがイマイチ分からず、
ISベセルが壊れるタイミングもよく分からなかった。
ワールドマップでは、ターミナルの役割がよく分からなかった。

一応、どれも説明があるんですけど、やってみないと分からないことばかりで。
まぁ、いつでもマニュアルを開けるので、それで覚えればいいんですけどね。
(マニュアルを見ればよい、ということに気づくのにしばらくかかりました(^^;)

ゲーム全体の雰囲気はシリアスでVPっぽいんですが、
SO的なギャグもあり、町の人との会話がRSっぽい(音声で「こんにちは」とかだけ言い、もっと長いセリフが吹き出しに出る)な、と思いました。
ただ、FF13的な一本道の予感もあります。
武器なんかもカスタマイズできるんですが…、効果が実感しにくかったりして、その辺もFF13的かも。
まだ序盤なので断定はできませんが。
でも、まぁ、まちがいなくtri-Ace作品だ、ということは感じますね。
デモシーンの演出は史上最も自然な出来になってますが、
シナリオ自体はかなり不親切だし、謎過ぎて意味不明なところもあるので、真面目にお話を追おうとすると大変そうです。
次第に明らかになるのでしょうが・・・。

とにかく、バトルシステムを覚えればかなり楽しいRPGです。


今日のゼファー。(不定期更新)
eoe_zephyr_100129
クールな顔して、自分のイラストがプリントされたシャツを着るナルシー君。

今のところ、なぜか店にはゼファーの服ばかり陳列されている。。。
なぜこんなアンバランス??

FF13 サントラ

2010/01/27(水) 23:53:00 : [ゲーム]
ゲーム自体はまだクリアしてないんですけど(汗)、サントラを手に入れました。

全曲試聴可能なステキサイト
http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/fabula/ff13/

通常バトル曲の「閃光」(Disc2-1)はもちろん好きなんですが、
これのアレンジ版である「運命への反逆」(Disc1-4)のほうがお気に入りです。
よりドラマチックな感じですね。
あと好きなのは「宿命への抗い」(Disc3-17)です。
これはラスボス級の曲にしか聞こえないので、ホントのラスボス曲がどんななのか、とても楽しみです。


FF13本番

2009/12/24(木) 23:59:33 : [ゲーム]
ようやくFF13をプレイし始めました。
オーディンを味方につけたところです。

バトルシステムは体験版から操作が変わってましたが、どっちにしても微妙ですね。
世間での評判はよく知りませんが、
たいへんテンポが悪い。

従来のATBではATBゲージがたまってからコマンドを入力したわけですが、
今回はATBゲージが増えている間に入力を完了してしまうため、
コマンド入力から実際にアクションが起きるまでに間がある。
コマンド入力周りの画面や音の演出にしても、入力を確定できたのか、できてないのか、いまいち判然としない。
バトルはリアルタイムで進むけど、インターフェースがリアルタイムじゃないのでギャップを感じるのかな。
一方で、オプティマシステムは面白いですね。
リアルタイムバトルで仲間に命令を出すには、丁度良いシステムのように思います。

バトル以外では、セーブポイントがたくさんあったり、
ゲームオーバーになると直前の戦闘からやり直せるのは、今後のFFの方向性を示していると思いました。
DFFが「ドラマチック プログレッシブ アクション」と銘打ってますが、
結局PS以降のFFをFFたらしめているのはドラマ性とスタイリッシュなバトルなんですよね。
だから、次の街にたどり着くまで中断できないのはNG、一度負けただけで大きく戻らなきゃいけないのもNGだ、と。
キラータイトルですから、誰にでもクリアできなきゃいけないんですね。きっと。

アサシンクリードII

2009/12/20(日) 17:51:12 : [ゲーム]
世の中(?)、FF13一色になってる感じですが、
私は今月ずっとアサシンクリードIIをプレイしてました。

前作にも興味はあったんですけど、やってませんでした。
今作は、舞台がレオナルド・ダ・ヴィンチがいたころのイタリア! というかフィレンツェ!と聞いたので購入しました。

フィレンツェに興味を持ったのは、下の本がきっかけです。


[左]逆光のメディチ。藤本ひとみ著。現在は「ダ・ヴィンチの愛人」という残念なタイトルに改題…。
[右]コミック版。



主人公は”一応”レオナルドで、フィレンツェを治めるメディチ家とパッツィ家の争いがあったころの話です。
アサシン・クリードIIの序盤のクライマックスは、このパッツィ家の陰謀が実行されるところ。
パッツィ家がメディチ家のある人物を白昼堂々と殺害するんですが、
アサシン・クリードIIではその場面でメディチの当主ロレンツォを守り、
その後陰謀に荷担した人間をどんどん暗殺していったりするわけです。
史実を元にしたストーリーになっているところが、うれしい。

一番すごいのは、街並みがきれいに再現されていて、しかもところ構わず登ったりできちゃうところ。
サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会のてっぺんによじ登ったりとか!


これのドームの先っちょとか


ドームの内側とかによじ登れます。




ゲームでドームに登るときは、壁や柱の出っ張りを利用します。
観光で行くときは、ちゃんとしたルートを通りましょうw


フィレンツェの街並み。
道が狭い上にどの建物も高いため視界が狭く、大きい建物を目印にしながら移動するのは結構難しい。
ゲームでは屋根の上を駆けるのが近道です。
ただし、調子に乗ると警備兵に射殺されます(笑)。

上の写真は私が撮った写真です。曇りなので写りが悪い。
まぁ、あれだ、行ったことがあるから買ってみたくなったと言うことですな。

物語の中盤以降はヴェネツィアが主な舞台になるので、
あれれ? と思いつつ、でもこちらにも行ったので、やっぱり買って良かったゲームです。
ボリュームもたっぷり。1月末にはDLCでシナリオが増えるとか。

ただ、ストーリーには微妙なところもあります。
15世紀が舞台の間は良いんですが、15世紀の話は現代の子孫(?)が追体験している設定になっており、
たまに出てくる現代のシーンの話が謎すぎる。
現代の部分は前作から繋がっていて次回作にも続くようですが、
一つの作品として楽しむぶんには全く不要ですね。

ちなみに、私がイタリアに行ったのは大学の卒業旅行の時でした。
当時、研究室では研究が終わってもいないのに、事前勉強と称してみんなでベルばらを読んだりしてました。
ゆえに、当然のごとくパリ・ヴェルサイユにも足を運びましたww

さて、明日からはWiiでハガレンをプレイしないと…。

プロフィール

星らいと

Author:星らいと
Twitter:@starlt2

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
Calendar/Archive/Search
03 ≪│2017/04│≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

日本語検定
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
Thank you for your visiting!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。