スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- : [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私とスターオーシャン(SO)

2007/05/27(日) 13:53:39 : [私と○○]
私と○○第二弾。

STとの出会いから数年後。
1996年の初夏。
当時購読していたゲーム雑誌に,1ページを割いて,
スターオーシャンのインタビュー記事があった。
インタビューされていたのは,則本氏と五反田氏だった・・・ような気がする。
内容はよく覚えていないが,
たしか七星遺跡に出てくる,なんとかいうでかい敵との戦闘シーンと,
オープニングのカルナスの写真が出ていた。
そのインタビューか,写真の説明のどちらかに,
「五反田氏の好きなスタートレックの影響が」とかいう旨の一文があったことが,
購入のきっかけと言える。

そして1996年の7月19日金曜日。
高校の終業式の直後か,夏休みの初日だっと思うが,家の近くのGEOに行き,
鍵のかかったショーケースの中にあったスターオーシャンを,私は買った。

オープニングは,ある宇宙艦の映像と,艦長日誌のモノローグから始まるという,
まさにスタートレック的な始まり方であった。
感動したのか,少し鼻の奥がつんとなって,涙ぐんだことを覚えている。

その後ゲームを始めてみると,キャラはよくしゃべるし,戦闘はおもしろいし,
アイテムクリエイションといった当時としては珍しいシステムが目白押し,
音楽もいいし,映像もきれいで,すっかりスターオーシャンの虜に。
演出として印象深いのは,ムーア大陸の虫(セミ)の声。
プレイしたのが夏休みということもあって,
なんだか本当に自分がメトークス山に向かっているような気になった。
今でも,同じようなセミのSEを聞くと,ムーア大陸と,第三新東京市が目に浮かぶ。

プレイ後しばらくして,インターネットをするようになった。
当時スターオーシャンはマイナーで,周りでもプレイしているような人はいなかったので,
自然とネット上にコミュニティを求めるようになるが,
ところがどっこい,ネット上にもコミュニティはなかった。
他のゲームと一緒に扱っているところは散見できたが,専門サイトというのは皆無だった。
Flying Squirrelというサイトが,唯一専門コーナーを持っているだけだった。
私は決意する。
専門サイトを作ってやろう,と。
そうして,1997年の10月2日に,
the Shining STARというサイトが立ち上がる。
ほんとうは,10月1日に立ち上げる予定だったのだが,
うっかりアップロードするのを忘れ,翌日になってしまった。
当時の内容は,キャラや呪紋や装備の一覧と,MIDI程度だったと思う。
ちなみに,サイト名は,マーヴェルがサザンクロスを放つ時のセリフ
「燦然と輝く十字星座の御許に汝を誘う」に着想を得ている。
このブログもそうだ。

そうやって私とスターオーシャンとの関係は始まった。
セカンドストーリーの全盛期にはとくにいろいろなことがあり,
サイトを通じて多くの人と出会い,オフ会にも参加したり,
2年間にわたる連載小説などもやってしまった。

未だに関係を絶つ気は微塵も起きない。
ドラクエの場合は,まぁ,次が出なくてもいいかなぁという気がする。
FFの場合は,次が出ることが分かり切っているので,出たら買う。
SOの場合は,次が出るかどうかよく分からないので,日頃から祈りを捧げている。
という感じだ。もっとも,SO4が出ることは最近判明したが。

新しい作品が出るとなると,大変のが懐具合である。
ソフトを買うのには問題なくても,環境の整備が大変なのだ。

■スターオーシャンをプレイするために買ったもの
SO1 : S端子ケーブル (ただしプレイ開始後)
SO2 : DUAL SHOCK (当時のPSコントローラーは,DUAL SHOCKではなかった)
SOBS : ウォーターブルーのGBC(ツタヤ限定)
SO3 : オーシャンブルーのPS2 (初代PS2からの買換)
    アイランドブルーのメモリーカード
    32型ハイビジョンテレビ+専用台

SO1の頃は高校生であり,たぶん平均よりも少ない小遣いをもらっていたので,
8500円もするソフトを買った直後に,2500円もするS端子ケーブルを買うというのは,
かなりの冒険であった。
SO2のときは,大学浪人のときで,小遣いは増えたものの,やはり小さな買い物ではなかった。
SOBSのときは,大学生になっており,ある程度余裕があったが,
何しろツタヤ限定カラーであるから,電車で三駅先にあるツタヤまで行かなければならなかった。
(私は生まれてこの方,単に買い物をするためだけに電車に乗るということがほとんどなかったので,これは意外と大事件なのである)
SO3に関しては,これはもはやバカである。
SO3の発売予定が2002年11月28日で,青っぽいPS2とメモリーカードを買ったのが8月ごろ,
その後発売日が2003年の2月27日に延びて,テレビを買ったのは2月25日だった。
PS2とメモカはともかく,一人暮らしの学生で,32型のテレビを買うのはやりすぎだと
周囲から呆れられたが,当時の自分としては当然の行為だった。
DUAL SHOCKのときもそうだが,ソフトのほうで対応していると言っているものは,
すべて使ってみたい,体感してみたいのだ。
それらを体感しないことにはスターオーシャンを遊んだことにならない・・・ということには全然ならないが,
これが自分なりの愛し方であると言えよう。

低レベルクリアを目指す人,
最速クリアをする人,
やたらとレベルを上げる人,
アイテムコンプリートを目指す人,
裏技を発見する人,
映像と音楽に酔いしれる人,
様々である。
スポンサーサイト

comment

Secret

私は

当時のファミマガのインタビューに
テイルズオブファンタジアの続編と書かれているのを見て
購入決定しました。
オープニングの、レーザーが惑星に当たって砕け散る演出をみて
衝撃を受けました。

アイテムとボイス集めが主でしたが、
アイテムが消えるバグに泣かされました。
ボイスはここのサイトによくお世話になりましたよ。

SO1のリメイク版は期待していますが、ちゃんと最後まで
やれるかが不安です…

SFCのRPG最盛期でした

テイルズの発売は,前年の12月でしたね。
欲しかった・・・けど,資金が(>_<)
直前にDQ6買っちゃったし。

アイテム集め。
昔はがんばれたんですけど,
最近のゲームは,量と手間が半端じゃない・・・。
何周かプレイしないと集められなかったりして。
きっとリメイク版のアイテム数も増えてるんだろうなぁ。

ボイスってのもありましたね。
自分のサイトにあるのも忘れてた(^^ゞ
オープニングの英語のところを訳したのは覚えてましたが。
SO1,2,VP1はボイスコレクション,
SO3はバトルコレクション,
次は何でしょうね??

>ちゃんと最後までやれるかが不安です
うーん,私も不安です。
パージ神殿あたりまではサクサクいけそうな気がするけど・・・。
アイテムクリエイションやレベル上げが必要になってくるようだと,ちょっとテンション下がるかも。
プロフィール

星らいと

Author:星らいと
Twitter:@starlt2

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
Calendar/Archive/Search
05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

日本語検定
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
Thank you for your visiting!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。