スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- : [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月4日未明の日記

2007/05/04(金) 00:39:11 : [日記]
何か行動を起こすというのは,
まぁ,いろいろと大変なことです。
結果に確信がもてるものとか,
それをやらなきゃメシが食えぬ,という場合であれば
そうでもないわけですが,
ものになるかどうか分からないことを始めるには,
ある種の思い切りのよさが必要です。
もっと若けりゃイキオイでやっちゃうんだろうけどw

自分の執筆作品というのは,
とりあえず今のところは小説SO2しかないけれども,
それ以前にも以後にも,他の物語のアイデアというのは,
いくつか持っているわけです。

が,書かない。
すこーしだけ書き出したことがある作品は,すこーしだけあるのですが。

自分で物語を作れる人って,どんな頭をしてるんだろうって
時々思うことがあります。
自分がSO2をノベライズしていたときは
ゲームの筋に沿って進めればよかったけれども,
白紙の状態から書くとなると,半分お手上げ。
やっぱ,ハリポタのように終わり方が決まっているものなんでしょうかね。
それはそれでいいけれども,そこにたどり着くまでの道程というものを,
どう構築していくのだろう,と。

単に「なんか,こんな感じのものを書きたいなぁ」って思ってるのと,
「これをオレに書かせろッ!」って思うのとの違いなのかな。

自分は前者なので,書きたいなぁって思ってるうちに,
自分のアイデアと似たようなものが世に出てきてしまうことが結構あります。
たとえば,
・人類に必要なありとあらゆるものを供給する巨大企業があり,
 そのトップは,勢力Aの中にありながら,勢力Bを裏から操り,AとBを争わせる。
・巨大企業のトップは,実は何百年も前から(脳だけ)生きている。
・・・とか。
なんかゼノサーガっぽいな,と。ヴィルヘルムは脳だけじゃないけど。
自分が思いついたのはゼノサーガよりも何年も前だけど,
先に出したモノ勝ちですよね。
いや,自分が知らないだけで,もっと前にも同様の作品があったかもしれないけど,
やっぱりひとつの完成した作品として世に出てくるものと,
自分の頭の中でチマチマと作っているものとでは違うよなぁ,と思ってしまうわけです。

ま,自分の好きな作品の世界で書くというのも楽しいのですがね。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

星らいと

Author:星らいと
Twitter:@starlt2

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
Calendar/Archive/Search
09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日本語検定
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
Thank you for your visiting!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。