スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- : [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなとこが問題になっているとは

2006/11/29(水) 01:35:55 : [日記]
夢にも思わなんだ。

何をどうたどってたどり着いたのか忘れたが,
水からの伝言を信じないでください
に行き当たった。

「水からの伝言」というのは,雪の結晶の写真集らしい。
その中で,「ありがとう」などの「よい言葉」を見せたり聞かせた後に凍らせた「水」と,
「ばかやろう」などの「悪い言葉」を見せたり聞かせたりした「水」
からできる結晶(要するに氷)には、形の善し悪しに差が出るのだと説明されているという。

いい言葉を浴びせたらいい結晶になった、というのは、
ある種心暖まる話ではないかも知れなくもない。
別段,声を大にして「信じないでください」と触れ回ることもないのではないか、と思った。

が,この本が学校の道徳の授業に取り入れられたりしたことがあるだという。

①水は,言葉に影響を受ける
②人間の7割は水でできている
③従って,悪い言葉を使わないようにしましょう

ということらしい。
これは①が事実なら正しい論法なのだが,「信じないでください」の著者によれば,
実際には科学的手法に則って確かめられたことではないそうだ。
(まぁ,確かめなくても結果は分かるが,
 自分は件の写真集を直に見たわけではないので)

「信じないでください」の著者ら(物理学者等)は,
「言葉が水に影響を与える」という「新事実」が,
なぜウソなのかを一生懸命説明している。

そして,
「人間の生き方を水に教えてもらう必要はない」
「人間の心は,人間自身が決めるもので、体内の水によって決まるのではない」
と説いている(参考)。

信じている人たちは、何も教育現場に限らず、某人気歌手がTVで絶賛したこともあるという。
世の人たちは,とかく,自分の考えの根拠を流行の出版物や放送に求めたり,
それらから自分の得になりそうな物を抽出しようとする。
それ自体は必ずしも間違った行為ではないが,取捨選択する頭を磨くべきだ。
そのために教育というのがあるんだけどなぁ。
小中学校の授業というのは,そういう頭を作るためのもので,
その過程でたまたま,いろいろな知識が得られるのである。
テストができる人と,頭のいい人は別の物だ。

しかし最も滑稽なのは、
小学校の先生が、道徳教育のしかたを、
物理学者に教わらなければならないという実態である。

まぁ,学校の先生も「心の教育」なる正体不明な教育をしなければならない状況にあり,
そこに何らかの根拠を持ってきたかったのではあろうが,
まずは先生自身がよく頭を使い,物事の本質をよく見極めることが重要ではないだろうか。
スポンサーサイト

SO3日記#06

2006/11/27(月) 00:18:13 : [SO3日記]
クロセルを負かし,ついに宇宙へ。
そしてFD空間へ。

急な展開だ。
やっぱり3でも宇宙までは遊べないんだよなぁ,と思った。

これからスフィア社に行くんだけど,
心配だ。
惑星ストリームでは,一度もエクスキューショナーと戦わずに来ちゃったし。
クロセル搭乗前にミシェルに85000フォルも払って無一文だし。
回復系アイテムも全然なくなっちゃったし。

やっぱり地道にレベルを上げておこう・・・。

SO3日記#05

2006/11/25(土) 23:15:49 : [SO3日記]
「総戦闘時間5時間」というバトルコレクションをゲット。意外と短いなぁ。

今日は,二カ国会議を終え,アーリグリフにアルベルを迎えに行き,
バール山脈からウルザ溶岩洞に入って,バニラに会い,アーリグリフに戻ってきました。

いやぁ,ウルザ溶岩洞のしんどいこと。
MP攻撃で速攻倒せる敵がいるんだけど,グロースかけないと,
3MPくらいしかダメージ与えられなかったり,
油断すると敵からMPダメージを連続で喰らって戦闘不能になったり。
バニラの工房につくまでは,「きっとあそこで休めるはずだ」と思って
がんばったんだけど,実際ついてみたら休めない・・・・・・。
もう,ブラックベリィもMP回復食べ物も尽きちゃったよ。
おまけにセーブもできない。
しかたないので,バニラの工房を拡張して料理ができるようにし,
ツナサラダ(MP30%回復)とざるそば(MP50%回復)を作成して回復。
帰り道では敵を避けまくりながら,瀕死の形相で下山したのでした。

前回プレイ時よりは,MP攻撃を効果的にできるようになったけど,
ピンチになると,ついついHP攻撃に偏ってしまうなぁ・・・。
あと,ステップができるのも今日思い出したけど,うまくできないし。
むぅ。

ウィにまつわる事柄

2006/11/23(木) 00:30:48 : [ゲーム]
Wii のネット予約分は完売っぽい。
っていうか,また水曜に予約開始か。
ってか,結構人気なんだなぁ,と思った。
CMする前なら,そんなに人気も出なかったろうに…。

それはともかく,ウィと言えばフランスだ。
フランスといえば,ジャンヌ・ダルクだ(強引)。

S・RPGというと,よく考えたらFFTとFFTAしかプレイしたことのない自分。
FFTにはすご~く思い入れがあるので,ついつい比較してしまう自分。
で,JANNE D'ARCはどうか?
まだあまりプレイしてないのでゲーム性については何とも言えないが,
ストーリーのバックグラウンドの説明があまりにも少なすぎでは??
というのが率直な感想。

自分の村を出た後の最初の戦いで突然助太刀に来るジャンとベルトランという男。
「お前等何者なんだ!!」と言いたい。
その直前に会った守備隊長ロベールの部下らしい,ということはおおよそ予想がつくが,ろくに自己紹介もしないし,なぜついてくるのかもよく分からない。
だいたい,ジャンヌが天の声を聞いたというのをほとんど信じていなかったロベールが
急に助っ人を派遣する…というのもちょっと無理がある気がする。
もちろん,ジャンヌ・ダルクに詳しい人なら彼らがどんな人物で
なぜついてくるのかは分かるのだが。
ほとんど説明もなく,次の街に連れて行かれたり,
道ばたで命を救った人と,翌日には名前で呼び合ってたり,
またよく分からない人たちが「どーも」の一言だけで仲間になったり,
いつの間にかジャンヌのことが聖女として世間のウワサになっているらしかったり。

劇中のジャンヌ同様,プレーヤーも動揺せざるを得ない。
ゲームのストーリーなんてどうでもいいよ,という人はどうでもいいかもしれないが,
今の時代,もう少し人物を掘り下げるセリフやシーンがあってもいいんじゃないかなぁ。

SO3日記#04

2006/11/22(水) 00:56:38 : [SO3日記]
週末は,結局SO3をやってしまいました・・・。
ジャンヌ・ダルクの小説も少し読んだけど,いまのところ,40%くらい残ってるなぁ。

さて,昨日までで,
女王陛下を仲間に加えました
アーリグリフとシーハーツの二国間会議のため,女王陛下護衛の任に就きました。
そのあと,サーフェリオに寄って,渇きと潤いをつなぐ回廊を抜けて,
モーゼル砂丘へ・・・と進んだんだけど,
やっぱりダメだ。
前回プレイ時も,このあたりからだんだんバトルが厳しくなってきたんだよなぁ。
終盤,再び渇きと潤いをつなぐ回廊に来たときは,一発目の敵で即死したりもしたし。
あんまり,この場所にはいい思い出がない。

ので,ちょっと寄り道して,
イリスの野から,サーフェリオ水中庭園へ。
ここの,石像みたいな敵がたくさんお金を持っているので,
何日か前から入り口付近でうろちょろしてたんだけど,
思い切って最奥部まで行ってみた。
最初は金づるにも結構苦労してんたんだけど,進んでいくうちに余裕で倒せるように。
ボスは,最初めちゃくちゃ油断した状態で(HPMPが低い状態で)挑んだら,
あっという間にやられてしまった。
二回目はこまめに回復して,楽々クリア。
クリア後も,ダンジョン内をくまなく探索したつもりだったんだけど・・・,
なぜかマップコンプリート率が100%にならない・・・。
むぅ。

その後,お金がたんまり貯まったので,
アーリグリフに行って,ライアスと契約。
・・・でも,このとき,女王陛下も一緒なんだよね。
微妙。っていうか,カルサアでもネルに怒られました(-_-;)
クリフには「頭を連れて敵情視察とは」と呆れられたり,
「口には出さないが,ネルのやつは相当いらだっている」と警告されたりしました。うーん,やっぱりおねいさまは怖いなぁ・・・。

【よりみち感想】
SOはいつもそうなんだけど・・・,この女王様,
「シーハート27世」っていうんだよなぁ。
でも,「ロメリア・ジン・エミュリール」という名前も持っていたり。
第27代シーハーツ女王っていうことを言いたいんだろうけど,
フランスのルイ14世とかは,別にフランス王国第14代国王っていう意味ではないし。
なんか,その辺が微妙だな,とクロス17世の御代から思っており申し候。

週末の過ごし方

2006/11/16(木) 23:59:03 : [日記]
この土日に何をするか,悩みどころである。

来週の水曜日には,JANNÉ D'Arcが出てしまうのに,
①FF3が終わってない
②ジャンヌ・ダルクの小説を読み終わってない
③①②を済ませておきたいが,SO3DCもやりたい
のだ。

困った。

ソビーク

2006/11/12(日) 23:04:12 : [小説SO同人化]
ソビークに行ってきました。
・・・ソビークというのは,アーヴ語で「饗宴」という意味で,
しかし,食べ物や飲み物が出るわけではなく,
紙の本を,作り手が直接売り捌く催しのこと。

・・・「どんな催しなのか察しはついたが,アーヴ語とはなんぞや」,
というかたは,是非,書店に行き,ハヤカワ文庫の棚の前に立ち,
「星界の紋章」と「星界の戦記」と「星界の断章」を全巻購入するか,
レコード店等で上記シリーズのDVDを全巻購入してください。

まぁ,そもそも「星界」を扱った催しではないのに
「ソビーク」という言葉を使ったら
たぶんいけないのだろうけど,
今回は見逃してください。

初なんで。

アーヴ語でソビークと呼ばれるその催しが,
いかなる形態で開催されているのか,
僅かながらも見せてくれたのが,まさに「星界の断章(?)・饗宴」だったから。

・・・あまり伏せ続けていると話が進まないので,以下は普通に。

こちらのイベントSO2小説の下巻を出しました。
ま,私は手直しをしただけで,レーザープリンターで一枚一枚片面ずつ印刷するという
気の遠くなるような作業は,発光人であるむささびさんにやっていただいたのですけど。

朝はあまり会場のこともよく調べないまま,電車に乗りました(汗)。
9:50に浅草橋駅でむささびさんと合流。
徒歩5分くらいで会場へ。
しばらく待ってから、入場。
自分たちのスペースを探し当て、
届いていた段ボール箱を開梱。
はじめて、下巻の表紙イラストを拝見。
うーん、可愛い。
1年前に出した上巻と併せて机の上に並べ、準備完了。
上下巻,クロード編・レナ編で40部ちょっと。
周りのサークルさんは,(中身は分からないが)10部くらい並べてるトコとか,
机いっぱいに何十部も並べてるトコとかいろいろだったけど,
単純に積み上げた本の高さで比べたら,我々がたぶん一番だ,
と内心でささやかな優越感に浸る。
なんたって,1冊200ページ前後だもんね。
・・・自分で印刷したんじゃないんだけど。
4種類を平積みにすると,結構壮観である。
・・・表紙の絵が素敵だから。
もう一度周りを見渡すと,結構凝った飾りとか付けてるところもあるんだけど,
とりあえず机の上を本が占領してるので,自分たちのトコロはできない。
まぁ,その場でポップとか作れって言われても,
モノカキが2人いるだけなので文字か書けませんが。
余談だが,隣のサークルさんは,その場でコピー誌をホッチキスで留めていた。
なんか,イベントにかなり慣れてそうな人たちで,ちょっと肩身が狭い感じ。

11:00,販売開始。
早速,身内がやってくる。
連載当初からの読者であり,今更になって本を作ろうと言い出した人物である
宇宙の彼方氏。(妙な表記・・・)
何年か前にお会いしたのだけど、記憶が定かではなかったので、
後でむささびさんに確認してしまった。ごめんなさい(汗)。
そのあと,初めてしーるさんとお会いした。
2人とも,下巻を2冊ずつご購入。
その後,一般のお客さんが,次々とご購入。
ほとんどの人が,上下巻4冊をまとめてお買い上げ。
合わせて4800円もするのに・・・・・・。ありがたいことです。
順調に売れていき,そろそろ在庫が無くなりかけたころ,
クロード編の上下巻だけを買っていくかたが出現。
結構,じっくり中身を確認してからのお買い上げ。
これも,クロード編の印象がよかったからに他ならない。えっへん(爆)。

中身をちらっと見て,そのまま立ち去っていく人がけっこういたのだけど,
まぁ,きっと,小説だとは思わず,表紙イラストに引かれたんだろうなぁ・・・・・・。
あれだけの厚さの漫画だとかなりすごいけど。

最後のほうで,サークル参加のかたが4冊まとめてお買い上げ・・・にいらしたのだが,
残念ながらクロード編の下巻だけ先に売り切れてしまったため,3冊のお買い上げ。
昨年,クロード編がレナ編よりも1冊多かったことの影響らしい。
うーん,アレの続きをわざわざお求めくださるとは・・・。
今回買えなかったかた,遠くて行けなかったかた,
きっと,同人小説印刷師であるむささびさんがネット販売もしてくださるので,
そちらでお買い求めください・・・。
っていうか,私も自分の本が手元にない状態なので,
追加印刷していただかないと困ります(笑)。

14:50
上巻が,クロード編・レナ編で一冊ずつ残ってしまったが,
下巻は完売の状態で撤収。

15:00すぎ
彼方さん・しーるさんと4人で秋葉原へ移動し,遅い昼食。
アキバには3年くらい足を踏み入れてなかったので,
メイドさんの多さに驚く。
キレイなビルの多さに驚く。
駅の中が変わりすぎていて,右も左も分からない状態になっていたことに驚く。
工事現場の多さに驚く。
とりあえず,最近のアキバ事情に詳しいしーるさんの案内で,その辺を一周。
駅周辺以外は,意外と変わってないのね。
ただ,昔からあるPCショップでも,綺麗な看板が掛かってたりしたけど。
何にしても,お客さんの層が幅広くなったなぁ,と感じました。
なんか,おばぁちゃんの団体が,観光ちっくな雰囲気で歩いてたり。
不思議だ・・・。

18:00ころ
休憩する場所を求めて歩き回ったが,喫茶店系は込んでいて,断念。
時間も遅くなってきたので,自分と彼方さんは新幹線へ。
もっとも,降りる駅の関係で自分はこだま,彼方さんはひかりに乗ったので別行動になってしまった。
よく考えたら,とりあえずひかりに乗っておいて途中で乗り換えてもよかったのだが,
疲れていたので頭も回らず。
一応,自宅最寄りの在来線駅までの切符を買ったんだけど,
車内でめちゃくちゃ疲れが出てしまい,
新幹線の駅で降りて,タクシーを拾った。
タクシーの中では,ひたすら疲れによるため息が。
運転手さんは「やな客だ」と思ったかも知れないなぁ。

そんなこんなで,初のイベント参加は終了。
とはいえ,これで上下巻出てしまったので,次はありそうにないけど・・・・・・。

SO3日記#03

2006/11/12(日) 23:04:02 : [SO3日記]
週末のプレイ内容。

アリアス→カルサア修練場→ペターニ→ダグラスの森→ペターニ。

カルサア修練場,以前はものすごーく敵が強くて避けまくってクリアしたような気が。
いや,前はどこでも敵がものすごーく強かった気がするんですけど。
やっぱ2回目だと,知らないうちにバトルのコツとか,買い物がうまくなってるのかなぁ。

ペターニの街では,アミーナが登場。
なんか,女の子が出てきて,後でその幼馴染みの男が出てくるってのは覚えてたけど,
ソフィアとそっくりっていうのは忘れてました(汗)。
むしろ,ソフィアの存在もかなり忘れてましたが。

こういうのって,まぁ,たぶんお約束なんでしょうが,
突然仲間とはぐれたりしても,主人公たちは数分後にはケロッと忘れたかのように落ち着いてたり,
宇宙存亡の危機が間近に迫っていても,平穏な街並みを子供達が駆け回ったり・・・。
ゲームって微妙な世界がありますね。
そんなことを気にしていると,SO2だとファンシティでは遊べなくなってしまうんですけどね。
小説書いたりするときには,結構悩みどころです。
・・・いや,SO3の小説を書く気があるワケではないんですが。

クリフのセリフで,
「お前をリーダーの元に送り届けるのが俺の任務だ」的なのがあるんですが,
「ここを生きて出られるかどうかも分からないんだし」っていうフェイトのツッコミのほうが,
現実味がありますよね。実際。
だいたい,いくら信頼があるって言っても,ミラージュのことが気にかからないのか,このヒト。

まぁ,ゲームのお約束ですが。

SO3日記#02

2006/11/09(木) 22:39:30 : [SO3日記]
一昨日と昨日は帰りが遅かったので断念。

今日はカルサア→カルサア山洞→ベクレル山道→アリアスに到着。

カルサア山洞,前回プレイ時はトロッコモンスターの使い方がよく分からず,
ぐーるぐーると同じところを回っていたものですが,今回はスムースに通過。

ベクレル山道では,どこへ行けばいいのか分からず,ベクレル鉱山に入ってドラゴンに全滅させられてしまった(^^ゞ

また次回。
つまらん日記だなぁ・・・。

SO3日記#01

2006/11/06(月) 23:46:04 : [SO3日記]
SO3DCを始めました。

・・・発売日に買ったけどやってませんでした(汗)。

っていうか,SO3もクリアしてません(滝汗)。

こんどは頑張ります。

とりあえず,今日はカルサアに到着。


【今日の感想】
コンピューターとか,ハイダのホテルの人の
しゃべり方がのんびりすぎる・・・。
襲撃されて避難するってのに,緊張感がまるでない。
コンピューターは,「~いたします」とかってバカ丁寧すぎるし。
もう少しサバサバしていてもいいんじゃなかろうか。
プロフィール

星らいと

Author:星らいと
Twitter:@starlt2

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
Calendar/Archive/Search
10 ≪│2006/11│≫ 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

日本語検定
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
Thank you for your visiting!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。