スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- : [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MS動く

2008/10/18(土) 11:45:00 : [言葉]

WindowsのおまけソフトであるIME2007がアップデートされたようです。

修正された不具合として,
・変換結果(文節認識のこと?)が細切れになり,結果的に誤変換になる。
・上記は長期間使うほど顕著になる
・学習機能がすぐに効かない

というのがあがってます。
文節区切りがうまくいかないのも,使うほどおバカになるのも,よく知られたことですが,
学習したのが効かないって・・・。

おまけソフトなので私はかまいませんが,
実家の両親がでIMEに四苦八苦しているかと思うとちょっと心が痛みます。

スポンサーサイト

新種

2006/02/04(土) 00:44:44 : [言葉]
またまたコンビニに弁当を買いにいったところ,
店員が,今度は
「お温めはいかがしますか?」
とのたまった。

前回にも増して激しい衝撃を受け,
どういう意図で言ったのかと必死に分析したくなったが,
考えるのもばからしいと思い直し,
ほとんど反射的に「お願いします」と返答してやった。

うん,考えるのはやめよう・・・疲れる。

かな入力派

2006/01/18(水) 01:41:51 : [言葉]
パソコンを使う人々の多くは,
日本語の入力において,
ローマ字入力方式を用いている。

私は,かな入力方式である。

「こんにちは」と入力したいときは
「konnnichiha」ではなく,
「byiah」と打つ。

私が最初に触れたワープロは,
Wordなどではなく,
東芝のワープロ専用機だった。

タッチタイプはできなかったものの,
入力方式はかな入力だった。

当時,何にワープロを使っていたのかはよく思い出せない。
なにせ小学校中学年の頃であるから,たいしたことではないと思う。
余談だが,高学年の頃にシャープのワープロに乗り換えた後は,
タッチタイプも習得し,いろいろと活用した。
タッチタイプができるようになったのは,
当時よく読んでいた漫画ダイの大冒険のセリフをひたすら
入力しまくったおかげである。
私は努力するのが大嫌いなダメな人間だが,
このときだけは何故か必死に努力した。

さて,ワープロに触れたのは小学生の頃だが,
パソコンに触れたのは,幼稚園の時であった。
現在でこそパソコンはオフィスに欠かせない機器となっているが,
当時は描画能力も貧弱で,ホビー用途が中心だった。
メモリーも数キロバイトしか搭載しておらず,
ハードディスクは無し。
記憶媒体はテープレコーダーが主流だった。
ソフトウェアは,カセットテープに記録されたモノを買ってくるか,
もしくは本に載っているプログラムリストを自分で打ち込むか,だった。

かな漢字変換ソフトなど,入れる余地はない。
否,それどころか,漢字すら表示することができなかった。
キーボードには,英数字とカタカナが刻印されていた。
日本語は半角カナしか入力できなかった。

そう,私にとって,キーボードで日本語を入力する方法は,
入力したいカナ文字の刻印されたキーを押下すること以外にあり得なかったのである。

そんなこんなで,かな入力歴20年。
プログラミングもするから,英数字キーの位置も
バッチリ覚えている。
ローマ字入力で日本語をスラスラ打つことも可能だ。

だが,やっぱりローマ字入力には慣れない。
基本的にはどちらの方式でも入力所要時間に差はないが,
とくに外来語を入力するとき,ローマ字入力だと
うまく入力できないことがある。

たとえば,
「コンピューター」という語。
これをローマ字入力で入力しようとすると,
「computa¥」
と打ってしまい,
「こmぷた¥」
と表示されてしまう。
英語で「computer」と綴るのと混同してしまうのだ。
「スターオーシャン」なら
「sta¥o¥chan」
と打ってしまうので,
「sた¥お¥ちゃn」
になる。
ちなみに,かな入力での延ばす棒「ー」は「¥キー」だ。

また,メッセンジャーなどで「え゛。」と打ちたいとき。
かな入力なら,「え」+「゛(@キー)」なので,
「が」「ば」「だ」と同じ感覚で入力できるのだが,
ローマ字入力では「え@」となってしまう。
「え゛」をローマ字入力で入力する方法を私は知らない。

「~だなぁ」などの「ぁ」は「SHIFT」+「あ」だが、
ローマ字入力では「xa」と打つらしい。意味不明だ。


かな入力は,原則「一文字一押下」だから速い,とか
ローマ字入力は,26文字だけ覚えればいいから簡単とかいう
人も多いが,私はどちらもハズレだと思っている。
熟練すれば,どちらの方式でも速度は変わらない。
どのキーがどこにあるかなどということは,そのうち指が覚えるものである。
ローマ字に慣れないお年寄りには,かな入力のほうが易しいだろう。
プログラマなら,いずれ全てのキーを自在に操れるようにならなければやっていけない。数字キーの位置すら覚えないつもりではあるまい。

結局,言葉をコンピュータに表すときの思考回路が
どのように出来上がっているか,によるのだろう。
私は長年かな入力をしながら,プログラミングもやってきたので,
日本語は読み通りに,外来語は綴り通りに打ち込む回路が
頭の中にできているのだ。

・・・オチがないけど終わりw

みひつのこい

2006/01/15(日) 06:09:43 : [言葉]
「密室の恋」? 日弁連、裁判員制へ難解用語見直し

陪審員制に似た,日本における裁判員制の導入に当たって,
一般の人に裁判用語の意味を答えてもらったり,
漢字の書き取りをしてもらったところ,
全く逆の意味に解釈していたり
「未必の故意」を「密室の恋/密室の行為」と書き取ったりしたというハナシ。
これらの結果を参考に言い換え表を作るらしい。

未必の故意は正答者ナシらしいけど,
推理小説とかに出てくるんじゃないかと思うんですが,
そうでも無いんでしょうか。

法律用語というのは,
聞いたことのない語感だったり,
古い言い回しだったり,
日常とは違う意味で使っていたりするので,
まぁ,こういう機会に是非見直していただきたいものです。

まったくの専門用語なら単語帳があればすむけど,
普通とは違う意味なモノ・誤解しやすいモノはやめて欲しいですね。

実は商法には「番頭」という用語があって,
これは,別にお風呂屋さんの入り口にいる人(それは番台)ではなく,
いわゆる部長級の役職のこと。
基本は明治時代にできたらしいからしょうがないけど。
分かりにくいから変えようっていうハナシがあったような気がするんだけど
どうなったんだろ。

米を食らう

2005/11/20(日) 13:35:09 : [言葉]
ネットで一般のニュースを見るときは
asahi.comで見てるんだけど、
今日の見出しの一つに
「小林さん、米の早食い大会連覇 ハンバーガー67個」
というのがあった。

コメの早食いでハンバーガーですか??

記事の中身を読んだら、米ってのは米国の意味だってことが分かったんだけど・・・、
「早食い」って言葉が入ってる以上、もうちょっと気を遣って欲しかったなぁ。
「仏の早食い」とか
「独の早食い」だったら、国名だって分かるけど、
「米の早食い」は、どう見てもコメでしょ。
せめて米国って書いてくれればいいのに。

まぁ、コメの早食いを連覇したぐらいでニュースになるわきゃ無いんですが。
プロフィール

星らいと

Author:星らいと
Twitter:@starlt2

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
Calendar/Archive/Search
07 ≪│2017/08│≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

日本語検定
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
Thank you for your visiting!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。