スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- : [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ソニータブレット] Bluetooth機器で音楽を聴くときの音質設定

2012/01/17(火) 21:10:41 : [Life with SONY]
ソニタブP購入から2ヶ月経ちました。全体としてのレビューを書きたいと思ってるんですが、なかなかまとまらず(^_^;
とりあえず、ちょっと気をつけた方がいいなと思ったことについて書きます。

ソニタブP+XBA-BT75

標準のミュージックプレーヤーとBluetoothヘッドフォンの組み合わせで音楽を聴くと、
  • 音が軽い(シャリシャリする)
  • 音がキンキンする
  • 音が割れる
と、ものすごく残念な感じになってしまいました。
内蔵スピーカーや有線ヘッドフォンで聞く限りは問題ないのですが…。

ミュージックプレーヤーの右上にあるメニューボタンを押して「設定」を選ぶと、下記のような画面が現れます。

設定画面11

悪さをしているのは、チェックマークがついた2つの項目(xLOUD™ と Clear Phase™)です。
画面内のコメントから察するに、これらは、ソニタブPの貧弱な内蔵モノラル(!)スピーカーでできるだけいい感じの音が鳴るようにするための設定のようです。
意図的に高音部の音量を上げたりしているわけですね。

したがって、Bluetoothヘッドフォンを使うときはこれらの設定をオフにしてやります
すると、自然な音で聴くことができます。

不思議なことに、この設定は内蔵スピーカーとBluetoothヘッドフォンにだけ有効になり、有線ヘッドフォンで聴くときは無関係なようです。
もっとも、有線ヘッドフォンにはかなりのホワイトノイズが乗るので、音楽"鑑賞"には向かないですが…。

なお、ビデオプレーヤーにも同様の設定があります。
ミュージックプレーヤーの設定とは連動しないので、個々に設定してやる必要があります。
また、本体再起動後は設定がオンに戻ってしまうので注意が必要です。
1月29日訂正:再起動しても設定は保持されていました。何かのタイミングで変わってしまうことはあったのですが、何のタイミングかは分かりません。ここ1ヶ月は保持されたままなので、気にするようなことではないと思います。
スポンサーサイト

バッテリー購入

2010/05/16(日) 11:51:06 : [Life with SONY]
2種類の充電器を購入しました。

以前使ってたのはコレ。
古い充電器

主に、サラウンドヘッドフォンMDR-DS8000用に使ってたのですが、
今使ってるMDR-DS7000は電池内蔵式なので、単3電池は使わなくなってしまいました。

最近、Wiiリモコンの電池消耗が激しいことに気づきました。
そんなに使うワケじゃないのに、いざ使おうとすると電池切れになっることがしばしば。
単3電池は常備してあるのですが、すぐ切れると分かっていながら入れ替えるのは心苦しい。
無線式のチャージャーも売ってますが、それもまたもったいない気が。

で、普通の単3充電池を買おうと思い、エネループとかも候補に挙がってたんですけど、
結局SONY製のものを・・・。

BCG34HRME_外箱
BCG-34HRME(液晶表示付き充電器)

丁度、発売されたばかりだったので。。。

写真の充電器は最上位機で、4本同時充電可能、3980円もします。
今回はソニースタイルのポイントが貯まってたので奮発しました。
一番安いタイプだと、電池2本付きで1280円です。妥当なところですね。

電池をセットしたところ。
BCG34HRME_開けたところ

背面。
BCG34HRME_背面


ところで、充電器というとUSB端子経由で充電できるモノも人気のようです。
乾電池タイプの充電器にUSB端子がついたモノもあるんですが、SONYではUSB専用のものを出してます。

CPAL_外箱
CP-AL (USB出力機能付きポータブル電源セット)

AC入力部(右)とUSB出力部(左)に分かれるのが特徴。
CPAL_分離
USB出力部は65gだそうです。
手に持った感じだと、AC入力部も同じくらいの重さがあるので、
分離して持ち歩けば重量が1/2で済むと言うことですね。
私は心配性なので両方持ち歩くことになりそうですが・・・(笑)。

USB出力部側の、AC入力部への接続口はこんな感じ。
CPAL_端子部
クリックして拡大してもらうとよく分かりますが、
ファミコンカセットのように基盤むき出しでした。
もちろん、シャッターがついてますが。

PSPとつないだ感じ。
CPAL_PSP

PSPgoとつないだ感じ。
CPAL_PSPgo

WALKMANとつないだ感じ。
CPAL_X1000

思ったよりも小さくて、持ち運びには苦労しなさそうです。
ただ、注意しないといけないのは、ちゃんとUSB機器認証が行われるということ。
PSPやWALKMANにUSBケーブルで接続すると、USBモードになってしまい操作できないということです。
上の写真では、PSP-3000はUSB→DC変換ケーブルを使ってるので問題なし。
PSPgoは充電に対応したケーブルを使ってるので大丈夫。(PSPgo付属ケーブルは不可)
WALKMANは純正ケーブルで接続しており、USBモードになっています。


問題があるとすれば、自分がコレを使う機会がいつやってくるか、ということです。。。。

富士山静岡空港で撮ってみた

2010/03/08(月) 22:10:41 : [Life with SONY]
週末に撮った写真です。

FDA2
1/160秒  F11.0  ISO125  +0.0  WB:オート

6月に開港した富士山静岡空港です。
いろいろと問題はありますが・・・きれいですw

DSC-HX5Vの発売日である3/5(金)は、カメラを手に入れるためだけに会社を休みまして(^^;)、
一日いじくろうと思ってたんですが、
前日になって急に実家の家族が空港に行くと言い出しました。

カメラをいじくると言っても、とくに何かを撮ろうと思っていたわけではないので、
丁度いいやと思ってついていくことにしました。

一番やりたかったのは、これ。
富士山静岡空港滑走路パノラマ
1/1250秒  F3.5  ISO125  +0.0  WB:オート   ←なんかおかしい気が…

パノラマ撮影モード(スイングパノラマ)。
カメラを上下または左右に振りながら連続写真をとり、自動的につなげてくれるモードです。
1年前に出たDSC-HX1に初搭載された機能で、そのときから欲しかったのですが、念願叶いました。
つなぎ目が綺麗です(というか、分からない)。
人物入りで撮影したパノラマ写真もあるんですが、Upはしません。
撮影中に人物が動いていても全く違和感なく仕上がった、ということだけ言っておきます。




こちらがフルHD動画です。
うん。いい。
最大ズーム時に機体の文字がギリギリ読めます。

CMも撮れるカメラでEoEを撮ってみた

2010/03/08(月) 00:24:43 : [Life with SONY]
デジカメを新調しました。

DSC-HX5V

AVCHDでフルHD動画が撮れるシロモノで、CMや販促ポスターなんかも、コレだけで撮ってしまうくらいの自信作。
(↑同時期発売のDSC-TX7もそうですが)
最近流行の裏面照射型CMOSで感度が格段に良くなったのと、ソニーのコンデジでは(たぶん)初の光学10倍、光学手ぶれ補正つきなのがポイント。
あと、SD/SDHCカードにも対応。

作例↓
EoE8bit
1/30秒  F5.5  ISO125  +0.0  WB:フラッシュ

前のカメラで撮影したものよりも、自然な感じで写ってますね。
実は前のカメラ(DSC-W200)で撮ったときはかなり暗かったので、
いろいろなレベル補正をかけたものをUpしてました。
そして、「あー、テレビ画面を撮影したんだね」と一目で分かる感じでした。
でも今回は縮小しただけで、レベル補正はしてません。
これが裏面照射型CMOSの威力でしょうか。

作例2
EoEリーンベル
1/30秒  F5.0  ISO125  +0.0  WB:フラッシュ

もはや、キャプチャしたようにしか見えない・・・。
別にゲーム画面を撮影するために買ったわけじゃないんですけど、感度の善し悪しを見るのには丁度いいかも。


買ったその日にちょっと珍しい場所に出かけまして、
動画も含めて撮ってきたものがイロイロあるんですが、
それは今週ちょこちょこと出したいと思います。

地デジ化 with PS3

2010/01/14(木) 20:43:26 : [Life with SONY]
PS3で地デジを試聴&予約録画できる機器が発表されました。

欧州では既に出ていましたが、日本でもついに来ました。
さっそく購入したいと思います。
私のテレビは地デジが始まった頃のブラウン管TVなので、
デジタル放送は衛星(BS/CS)のみ対応で、地上波はアナログです。

「2011年になったらアナログは映らなくなるよ」シールがついてないテレビが出たら買い換えようと思ってたんですが、
このシールが意外としぶとく生き残ったために買いそびれていました。
それが幸いしたと言うべきか、3Dの話が出てきたので、3Dになったら買い換えようと考えている今日この頃。

今のテレビは、ブラウン管とはいえ32型で今でもそこそこの大きさだし、
ソニーが誇るトリニトロン管の最終進化形ということもあって、
数年前の液晶テレビよりもずっと綺麗に映ります。
だから画質面では全く買い換えの必要を感じないのですが…
(当時の液晶は日進月歩で進化しつつも、ブラウン管には遠く及ばない感じでした)
最近かなり気になり始めたのが地上波の画質と画角。

BSデジタルからアナログ地上波に切り替えたときはもちろん、
SD放送の110°CSからアナログ地上波に切り替えたときでさえ、
相当な違いを感じます。
テレビを買った当時はアナログ画質に慣れていたので、「一歩高いところに行って戻ってきた感じ」だったのですが、
最近は「アナログのほうが普通より数段下だ」ということを如実に感じます。
そう感じられるほどに周囲が地デジ化してきたということですから、
たいへん結構な話なのですが、
そう感じながらアナログ地上波を見続けるのはつらい。

昨年末、地デジチューナーを購入しようと思いました。
HD画質で出力できるものだと、7~8千円で買える。
が、悩んだのはテレビ側の入力端子が全部埋まっていることでした。

HD画質の入力は2系統しかなく、それぞれWiiとXBOX360が繋がってます。
(PS3はAVマルチ端子)

セレクターを導入してもいいんですが、あれって高いんですよね。

で、結局チューナーは買わなかったんですが、買わなくて良かった。
SONYさんありがとう。

プロフィール

星らいと

Author:星らいと
Twitter:@starlt2

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
Calendar/Archive/Search
06 ≪│2017/07│≫ 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

日本語検定
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
Thank you for your visiting!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。